panelarrow

太陽光発電システムの取付工事

太陽光発電システムの取付工事は「機器設置工事」と「電気配線工事」の二種類に分けられます。
設置工事は、最初に太陽電池モジュールのための架台を屋根に設置する作業から始まります。架台がしっかりと設置された後、太陽電池モジュールの設置作業へと移ります。
次に、太陽電池で発電された直流電力を、家庭内で使用出来る交流電力に変換するためのパワーコンディショナを設置します。その後、モニターの設置を行います。
このモニターで、発電量や環境低減効果の測定結果を表示します。
最後に電力量計を設置し、全ての機器の設置完了後、各機器ごとの配線工事へと入っていきます。
電力量計の設置に関しては、余った電力を売却する売電用と、足りない電力を買い取る買電用の二種類が設置されます。各機器の設置作業及び配線工事が完了すると、最後に「竣工検査」とよばれる検査が行われることになります。
検査が無事終了すれば、稼働開始になります。稼働前には、各機器の取り扱いレクチャーがありますので、しっかりと聞いて操作方法を学んでおきましょう。
「太陽光発電一括見積.Com」は【最大5社】の一括見積を無料で依頼できます♪