panelarrow

力二の縄張り

どんな動物や昆虫でも、生き物は大抵自分の縄張りを持っております。この縄張りの中に別の生き物が入ってくると、これを攻撃や威嚇によって、自分の縄張りから排除しようとします。これは、生き物が本来持っている防衛本能の一つの現れ方とみることもできます。
カニもまた、御多分に漏れず、はっきりと、自分の縄張りを決めているものがおります。
チゴガニやハクセンシオマネキなどがそれに該当します。自分の縄張りをしっかりと見張りをしていて、自分のすみ場所には、他のカニを一切入れない。もし入ってきたら、相手を縄張りの外に追い出してしまいます。
その縄張り一帯にすむカニの数が少ないと、当然のことながら、縄張りは広くなりますが、たくさんいる場所では狭くなり、しかね、縄張り争いも増えていきます。このほかにも力二には、自切(自割)、再生、脱皮、泡吹きなど、独特の習性があります。
特に、脱皮の習性は、カニにとっては成長するチャンスですし、これを食べる人間にとっては、脱皮の時期については、カニの美味しさに直接かかわってくる習性ですから、興味のあるところです。
かに王国は【安くてボリユーム満点】と評判のカニ通販ショップ♪