panelarrow

国産と外国産のカニの違い

タラバガニは丈夫なため、国産も外国産も殆ど差はありません。むしろロシアで取れたタラバガニを、国内の港で水揚げして、国産表記で出荷することも珍しくありませんが、これは違法ではありません。
日本の漁船が、ロシア海域で捕獲し、日本へ戻って、日本から出荷すると国産表記となってしまうからです。
但し、ズワイガニになると、話が違ってきます。ズワイガニはタラバガニよりも繊細な生き物で、「風が当たるだけで弱る」なんて言う漁師さんもいるほどです。
このため、生きたロシア産のズワイガニが市場に流通している量は極めて少なく、殆どが冷凍されて流通しています。
店頭に出される、かにしゃぶや、焼きカニ用の冷凍ズワイガニは、ほぼロシア産で、しかも、中国で加工されたものだと思って良いでしょう。
国産のズワイガニには、産地ごとに「松葉ガニ」「越前ガニ」などのブランド化がされており、本物には足にタグが付けられています。値段は外国産よりも圧倒的に高いですが、味は外国産と比較にならないほど美味しいです。
ズワイガニは鮮度劣化は激しいので、ズワイガニを美味しく食べるためには、取れる漁港の近くにある旅館などで、本物のタグ付きズワイガニを食べるのが一番です。ただし、値段は非常に高く、庶民にはなかなか手が出せない代物ではありますが。
匠本舗の【かに本舗】は、知名度抜群、売上日本一のかに通販店です。